不動産投資のリスクを予め知っておくのが得策

積み木

長期安定収入が見込めます

投資用マンションを購入するのであれば、資産価値があるものを選びましょう。不動産投資において、資産価値があるというのは、入居者が決まりやすいことを言います。入居者が決まりやすい物件は売る時もすぐに買い手が見つかります。

集合住宅

システムの導入による利用

不動産管理システムを利用して家賃債務保証に入るのは基本的な使い方の一つです。システム上で家賃の入金を確認し、アラートに従って保証の申請を行えば良いため、申請を忘れてしまうことがないのがメリットになります。

硬貨

不動産会社に運営を任せる

サブリースは不動産オーナーが賃貸運営するのではなく、不動産会社に委託手数料を支払って賃貸経営してもらう方法です。委託料は家賃収入の10〜20%で残りがオーナーの収入になります。委託料を支払う代わりに運営に必要な事は全て任せることができるだけでなく、空き室がある場合でも受け取る家賃収入が保証されます。

小さくすることは可能です

男性

不動産投資は元本が保証されている金融商品ではありません。投資なので、もちろんリスクがあります。不動産投資におけるリスクで最も代表的なものは、空室リスクです。空室リスクとは、保有物件に住んでいた入居者が退室したことにより家賃収入がなくなってしまうことをいいます。家賃収入は、管理費や修繕積立金、ローンを組んでいる場合の返済金、税金などの支払いの源泉となります。家賃収入がゼロになってしまえば、これらの支払いを、別途、自分の財布から行わなければなりません。手元資金に余裕がなければ、保有物件を泣く泣く売却して、投資を手仕舞いする必要があります。そのため、不動産投資をする場合には、空室リスクをできるだけ小さくするということを考える必要があります。不動産投資における空室リスクを小さくする方法はいくつかあります。その1つは、保有する投資物件の数を増やすということです。多くの物件を保有していれば、そのうちの1つにおいて空室が発生したとしても、他の物件の収入で経費をカバーすることができます。2つ目の対策は、保有する物件のエリアに気を付けるということです。賃借需要が高いエリアの物件を選べばよいのです。賃借需要の高いエリアとは具体的には、都市の中心部など交通アクセスの良いところや、スーパーやコンビニエンスストア、病院など、生活に必要な施設が充実しているところを言います。この2つのことに気を付けるだけでも空室リスクはかなり下がります。