不動産投資のリスクを予め知っておくのが得策

長期安定収入が見込めます

積み木

資産価値を見出そう

短期売買でキャピタルゲインを得るような運用をしたい場合には、投資用マンションよりも株式投資の方が向いています。投資用マンションでの資産運用は安定した家賃収入を目的としています。そして、ここ数年で、安定した副収入を求めて投資用マンションを購入する人が増えています。投資用マンションには安定した家賃収入の他に、もう1つメリットがあります。それは、資産価値がゼロにならないということです。投資用マンションは、一般的に区分所有権と呼ばれる権利を保有することになりますが、建物と土地で構成されています。建物は経年と共に劣化していきますが、土地は劣化しません。建物がなくなっても、土地は資産として残ります。そのため、株式とは異なり、資産価値がゼロになるということはないのです。但し、注意しなければならない点は、資産価値として認められるような投資用マンションを保有するということです。投資用マンションの目的は入居者に家を貸すことなので、借りたいと考える人が多くいるエリアでなければ、資産価値は高くなりません。不動産投資を始める際には、購入しようとしている投資用マンションが高いか安いかということや利回りが高いか安いかということよりも、その投資用マンションが資産価値があるかどうかということに注目しましょう。資産価値がある物件というのは、入居者が決まりやすいということですし、売りたい時に簡単に売ることができるということです。